スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンデムグリップ

こういうのはこっそりと1年の歳月を感じさせないようにアップするのg・・・。

まぁ仕事関係で色々あったわけで。

とまぁ今回は友人たちの強い要望もありタンデムグリップを着ける事になりました。
VTRは持つところが無いと不評を頂いた訳で・・・。

確かにシートについたひょろひょろのベルト一本で何を支えられようと!!

取り回しも楽になりそうな気がしたので高い物でもないので買ってみました。

IMG_0848.jpg

はい

でこちらはハリケーンのタンデムグリップ。


FIモデルに(グリップとして)使えそうなのってこれかベンチュラのベースセットくらいしかないのでタンデムグリップとして売っているコチラを購入。
タンデマーのバックレストつきでウイルズウィンからも出ているが、よっかかったら危険だろうしなにより見た目が好きじゃないので却下。(決してウイルズウィンさんが嫌いなわけではないですよ。)

取り付けは簡単(とこのとき思っていた)。

IMG_0849.jpg

荷掛けようのフックをヘックスを使って外し付属のネジでとめるだけ。

(アマリングが目立つのはこの際置いておいていただきたい。)

IMG_0850.jpg

↑外すとこうなる

ここで穴の方がカウルの出っ張りに対してくぼんでるから干渉するんじゃないかと危惧する人も中には居るでしょうが、付属のカラーをかまして外に出すので大丈夫です。



本来ならばここでネジ留めすれば終了なのですが問題発生。

グリップ側のネジ通す穴が車体側のネジ穴に対して間隔が狭い。
詰まるとこ雄ネジが雌ネジに対して斜めに入ってしまうという問題発生。

これのせいで車体側の雌ネジの穴を若干なめてタップで修正するという余計な工程が加わった・・・。

結局グリップ側のステーの穴を横方向に削って拡張するという面倒な作業をしてやっと取り付け。

これを付ける人は一回テールカウル外してフレームを露出させた上でネジかすんなり通るか試した方がいい。
テールカウル自体は上の写真の状態からテールランプ方向にカウルを引けば簡単に取れるので取った上で試して欲しい。


取り付け終了後の写真は暗くなってしまったので撮れてません。

タンデムしたときの強度の問題ですが、荷掛けフックをとめてるネジ穴自体はフレームに直接着いてるので、ちょっと荷重を掛けたくらいではびくともしないと個人的に思っています。


6/5追記

IMG_0862.jpg
取り付けた画像をやっと撮影。

IMG_0866.jpg
カラーが入っているのでテールカウルとは干渉しない造りにはなっている。
IMG_0867.jpg
まだこれつけてから誰も乗せていないので、そろそろ生贄誰かを乗せて感想を聞いてみようかと。



先日BMWのS1000RRとGSX-R1000と走りに行ったのですが
一人だけツインのクオーターって・・・。

バイク知ってる人が見たら、えっって感じですね。
スポンサーサイト

デイトナのマルチステップ

IMG_0132.jpg
走行距離も500kmになり慣らしもそろそろお仕舞になってきました。

というわけで先日買ったマルチステップについて書きたいと思います。

型番60618を買えばポン付け可能です
カタログには07年式までしか書いてないので一応

取り付け方は
シャフト下部の割りピンをラジオペンチで真っ直ぐにして引き抜きます。

シャフトを抜きます、この際バネが飛ばないよう注意。

マルチステップにバネを純正と同様に引っ掛けて、少し押し込む(押し付ける)ような感じで
はめます、シャフトを取り付けワッシャーをしマルチステップに同梱されていた割りピンで固定します。
※押し付けるようにやらないとまずシャフトは入りません。
※割りピンは消耗品なのでケチらず同梱の新品を使ってください。

後は六角を使って好きな変えられます。

IMG_0129.jpg
取り付けた写真。

一緒にシフトペダルの傾きも変えるといいかもしれません。
むしろそれだけで解決する可能性もあるのでお金をかける前に試しましょう。

シフトペダルはペダルの付け根のボルトを10mmのレンチで外すだけで調整可能です。
1分で終わります。ビビらずにやってみよう。


使用感として
180cmの私としては位置を下と後ろの中間にし、なおかつシフトペダルの位置を少し下げた状態でなにもしないよりはましといった感じになります。
ぶっちゃけた話価格に見合った効果はありません。
半値でやっと対費用効果が見合うといってもいいでしょう。

またステップ部が純正に比べて約1cm外側になりますので
足がハの字のようになるので、純正に慣れていると少し乗りづらくなります。
まぁこれは慣れれば平気です。

正直なところこれで改善できるかといったら半々でしょう。
これを買う前になるべく足が痛くならない乗り方を模索しましょう。
それで駄目なら付けてみる、というのが懸命だと思います。

一見悪く書いてるようにも見えますが決してこうかがないわけではありません。
僕の場合が微妙だっただけです、ただ前よりは楽なのも事実です。

まぁ足ポジションの変更は8方向*ペダルの傾きの数だけ調整できるので
沢山試せば自分の位置というものが見つけられるかもしれません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

炒飯のmoto

Free Free~Bike life & Camera life~

もじゃと愉快なXR400R

Vtr Touring Report
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。